事実を知る:

カリフォルニア高速鉄道

カリフォルニアの高速鉄道に関する神話を払拭する The California High-Speed Rail Authority (Authority) is responsible for planning, designing, building and operating the first high-speed rail system in the nation. High-speed rail will connect California’s megaregions, starting with the Merced to Bakersfield line as the first part of a building block approach. This high-profile project has generated significant publicity, leading to speculation and rumor. It is important to separate fact from fiction.

持続可能性建設ベーカーズフィールドにマーセドLAへのSFへのコミットメント

持続可能性

神話:高速鉄道を建設すると、節約できる以上の汚染が発生します。

事実:

Contract requirements dictate our construction sites have significantly better air quality than the California average. Our contractors use Tier 4 on- and off-road vehicles and technology to reduce nitrogen dioxide emissions. Site emissions are 60% lower than the state average.

The Authority has received the Envision Platinum rating from the Institute for Sustainable Infrastructure, their highest-level award.

神話:高速鉄道は無秩序な広がりを引き起こします。

事実:

駅周辺計画の取り組みに対して$1,000万以上の資金が提供されており、これは繁栄し持続可能な駅周辺地区の作成に役立ちます。

主要都市間の計画は、有意義なつながりと経済的機会を生み出します。

神話:キャップアンドトレードの収益を高速鉄道に投資しても、結果は得られていません。

事実:

Cap-and-Trade funding has helped spur nearly $4 billion of economic activity in disadvantaged communities and more than 400 disadvantaged workers have been dispatched to construction projects.

Of the nearly 700 small businesses participating in the high-speed rail program, 225 are Disadvantaged Business Enterprises. Almost 8,000 jobs have been created to work on building high-speed rail.

神話:高速鉄道は電力網の排水路になります。

事実:

高速鉄道は、完全に再生可能エネルギー源から供給される電力で稼働します。

The Authority is committed to using 100% renewable energy to operate our trains and facilities.

神話:高速鉄道は現在、温室効果ガス(GHG)排出量を削減するために何もしていません。

事実:

現在、カリフォルニア北部と南部の踏切はアップグレードまたは廃止されています。これにより、交通渋滞が緩和され、安全性が向上し、アイドリング車両からのGHG排出量が削減されます。

1回の踏切で、年間最大45日間の交通停止が発生する可能性があり、その結果、年間約1,800トンのGHG排出が発生します。

神話:カリフォルニアはより良い交通投資をすることができます。

事実:

カリフォルニア州では、輸送が排出量の大部分を占めており、高速鉄道は、輸送による排出量を削減することで、州が長期的な気候目標を達成するのに役立ちます。高速鉄道は、カリフォルニアの持続可能な輸送ネットワークの重要な部分です。高速鉄道の目標は、渋滞と汚染を減らし、移動性を改善し、仕事と手頃な価格の住宅へのアクセスを増やすことです。

カリフォルニアの人口が増加し、私たちの経済が成長し続けるにつれて、高速鉄道はこれらの目標のすべてを満たす唯一のモードです。

建設

神話:高速鉄道はどこにも行かない電車になるでしょう。

事実:

カリフォルニア高速鉄道システムは、州内の10大都市のうち6都市を接続します。

神話:もう誰も電車に乗らない。

事実:

高速鉄道システムを導入している他の国では、年間16億人の乗客が利用しています。

アムトラックのカリフォルニア回廊は、米国で最も混雑している地域の1つであり、2019年には1150万人がカリフォルニアの列車に乗り降りします。

神話:高速鉄道は高速ではありません。

事実:

混合/共有回廊では、規制で義務付けられているように、列車は時速110マイルに減速されます。

However, speeds will top 220 miles per hour in other areas.

神話:カリフォルニア高速鉄道はディーゼル動力になります。

事実:

それは常にすべて電気になります。

カリフォルニアの高速鉄道は100%の再生可能エネルギーで走ります。

神話:高速鉄道は問題を探すための解決策です。

事実:

California’s population is projected to grow to more than 45 million by 2050. Transportation is a key contributor to emissions, and Los Angeles and San Francisco rank among the most gridlocked U.S. cities.

高速鉄道システムは、正味ゼロ排出量を達成するための重要なコンポーネントです by transforming and reducing greenhouse gas emissions in the transportation sector, カリフォルニアが気候目標を達成するのを支援する.

Merced to Bakersfield Line

神話:カリフォルニアでは高速鉄道が死んでいる。

事実:

Our 2022 Business Plan presents our vision for Initiating high-speed rail service in California as soon as possible while positioning ourselves to construct additional segments as funding becomes available.

It is our goal to commence testing of the electrified high-speed system in 2025, certify trains by 2027, and put electrified high-speed trains in service by the end of the decade.

神話:セントラルバレーだけなら、誰も高速鉄道に乗るつもりはありません。

事実:

マーセドからフレズノ、ベーカーズフィールドまでの171マイルの路線は、カリフォルニアの3つの主要大学を含む約600万人の地域であるカリフォルニアのセントラルバレーにある3つの最大の都市を結んでいます。

That’s more people than 15 states currently have (Wyoming, Vermont, Alaska, North Dakota, South Dakota, Delaware, Rhode Island, Montana, Maine, New Hampshire, Hawaii, Idaho, West Virginia, Nebraska, New Mexico). It will also connect three major California universities and 122 community colleges in the region.

神話:セントラルバレーからサンフランシスコやロサンゼルスに行く方法はありません。

事実:

州全体の鉄道近代化計画の一環として、高速鉄道はカリフォルニアの鉄道輸送のバックボーンになります。

It will allow for convenient connections including the Altamont Corridor Express service in Merced, which will soon have service to San José and the east Bay Area, the Amtrak San Joaquins service to Oakland and Sacramento, and connections from Bakersfield to Southern California.

神話:高速鉄道は単なる仕事のプログラムです。

事実:

High-speed rail is creating jobs and stimulating California’s economy, but that’s only part of the story.

There are currently 21 active construction sites spanning 119 miles from north of Fresno to north of Bakersfield, and work has been completed at State Route 99 and the Tuolumne Street Bridge in Fresno.

神話:高速鉄道はサンフランシスコとロサンゼルスで諦めました。

事実:

The Merced to Bakersfield line is the first building block for delivering high-speed rail passenger service in California. While we build that line, we are also advancing design and environmental work statewide to prepare to expand the system to the Bay Area and to Los Angeles and Anaheim, as funding becomes available

The Authority continues to invest in projects statewide that provide near-term regional mobility benefits and lay the foundation for high-speed rail service, including the Caltrain Electrification Project in Northern California and Link US at Los Angeles Union Station.

神話:高速はセントラルバレーを通過しません。

事実:

高速鉄道は、マーセドからベーカーズフィールドまで伸びる最初の171マイルの区間から始まります。同時に、これらのプロジェクトセクションの建設準備を整えるために、北カリフォルニアと南カリフォルニアで環境クリアランスを推進し続けています。

We have cleared one of the two Northern California sections and two of the four Southern California sections. We will be presenting final environmental documents for the other Northern California section to our Board of Directors in 2022, as we work to clear the two remaining Southern California sections.

LAへのSFへのコミットメント

神話:高速鉄道は完全な環境クリアランスに到達しません。

icon of State of California with windmill

事実:

サンフランシスコからロサンゼルス/アナハイムまでの高速鉄道プロジェクトの500マイルのフェーズ1線形のほぼ300マイルは、環境クリアランスを受けており、119マイルが活発に建設されています。 当局は、サンフランシスコからロサンゼルス/アナハイムまでのシステムの500マイル全体をクリアすることに取り組んでいます。当局のスタッフは、2023年までに残りの環境文書を完成させることを推進しています。 完了したら、プロジェクト構成を改良し、必要な通行権やその他の建設前の活動をマッピングするために、さらに作業を行うことができます。

神話:サンフランシスコからロサンゼルスまでの高速鉄道の建設は高すぎる。

icon of two bar charts with dollar signs, left chart taller with airplane and car on top, right chart lower with high-speed train on top

事実:

高速鉄道と同等の道路と空港のインフラストラクチャー容量を構築することは、はるかにコストがかかるでしょう。 高速鉄道システムと同等の人数を運ぶために、高速道路と空港のインフラストラクチャを構築するために、推定$122から$1,990億を費やす必要があります。高速鉄道の費用は$72から$1,050億の間と見積もられています。

神話:北カリフォルニアでは高速鉄道の進歩は見られません。

icon of high-speed rail train in front of San Francisco skyline

事実:

当局は、高速鉄道サービスの基盤を築き、短期的な地域のモビリティのメリットを提供するために、北カリフォルニアでいくつかの資金調達契約を締結しました。 当局は、カルトレインの半島回廊電化プロジェクトに$714百万を寄付し、サンフランシスコからサンノゼまでの51マイルの線路を電化およびアップグレードし、ベイエリアに高速鉄道サービスを提供し、カルトレインの効率、容量、安全性、信頼性を向上させました。

サンマテオの25番街での立体交差、サンフランシスコでのSalesforceトランジットセンターの建設、ダウンタウン拡張プロジェクト、サンノゼのディリドン駅での計画などの追加の取り組みは、シリコンバレーからセントラルバレーラインを完成させるための重要な要素です。

神話:南カリフォルニアでは高速鉄道の進歩は見られません。

icon of high-speed rail train in front of Los Angeles city skyine

事実:

当局は南カリフォルニアのパートナーと協力して、この地域の高速鉄道サービスの準備をしています。 当局は、ロサンゼルスユニオンステーションの近代化、高速鉄道の準備、およびリンクユニオンステーション(リンクUS)プロジェクトの下で行われたその他の改善に向けて$423百万をコミットしました。

南カリフォルニアでの追加の準備作業には、ブライトラインウェストが計画しているラスベガスからビクタービルへの高速鉄道プロジェクトとSFからLA /アナハイムへのルートの接続、BNSF鉄道やその他の利害関係者との調整によるロサンゼルスとアナハイム間の線路の電化、ローズクランのグレード分離/サンタフェのMarquardtプロジェクト、および計画ステーションの設計とパームデール市との地域接続。

カリフォルニア高速鉄道局は、カリフォルニア州が義務付けたWebコンテンツアクセシビリティガイドライン2.0レベルAA基準に従って、ウェブサイトとそのコンテンツが義務付けられたADA要件を確実に満たすようにあらゆる努力を払っています。カリフォルニア高速鉄道局のウェブサイトにない特定の文書を探している場合は、公的記録法のページから公的記録法に基づいて文書を要求することができます。ウェブサイトまたはそのコンテンツについて質問がある場合は、次の機関に連絡してください。 info@hsr.ca.gov.